奈良で有名な和菓子屋「天平庵」はココです!素材にこだわったお菓子はいかが? 買う

「奈良天平庵」は、奈良に本店を置く有名な和菓子屋さん。

現在は都内だと小平店の他、東京駅の2店舗のみ!

テレビや雑誌などのメディアに取り上げられるほど人気の店です♪

 

今回は、一度行ったらとりこになる「奈良天平庵」のおすすめお菓子を紹介します!

 

奈良から東京へ。人気の理由は素材へのこだわり

▲海外産のものを使用することが多い白あんも国産使用。

 

奈良から東京に進出するほどの人気の理由は、お菓子に使う素材へのこだわり。

 

本葛(くず)や大和芋などは厳選された奈良県産のものを、

小豆は北海道から仕入れている減農薬小豆を使用しています。

また、和菓子だけでなく洋菓子も販売して、

チーズなどの乳製品は本場のフランスとデンマーク産を使用するなど、

一つ一つの材料にこだわりを持っているんだとか♪

 

手土産に買って行きたい!おすすめの和菓子

天平庵のお菓子の特徴は、日本最古の歌集『万葉集』に登場する歌をモチーフとして作られていること。

お菓子に込められた想いを理解して食べるとさらに深いおいしさが楽しめそうです♪

 

(1)古(いにしへ)

▲ふっくらと蒸しあげられた皮の中にはぎっしりあんが詰まっています。

 

「古(いにしへ)」は大和芋をベースとして作られたシンプルなおまんじゅう。

 

万葉の歌人『柿本人麻呂』が「いにしへ」をテーマとて歌を読んだのと同じように、

いつの時代も愛される和菓子であってほしいという想いが込められています。

 

 

(2)明日香川(あすかがわ)

▲しゃりっとした独特な食感はついついハマってしまいます!

 

「明日香川」は十勝産小豆をつぶさずにそのまま炊き上げて、

寒天入りの蜜で表面を乾燥した、食感と甘さがたまらない和菓子。

 

明日香川は奈良の南部にある有名な川。

いにしえより人々から愛され、いまも清らかな流れを有している明日香川の情景を表現しています。

 

 

子どもも食べやすい!おすすめの洋菓子

続いては、子どもも食べやすいオススメの洋菓子を2つ紹介します。

 

(1)天平の酪(てんぴょうのらく)

▲なめらかでとろ〜りした食感。甘いものが苦手方でも食べやすい一品。

 

乳製品が日本でいち早く伝わったのは奈良だということをご存知でしょうか?

それにちなんで天平庵でも「天平の酪」を開発。

良質な素材を混ぜ合わせて湯煎焼きにしたとろとろのプリンは絶品。

添加物がないので、小さい子どもでも安心して食べられます♪

 

 

(2)月の舟

▲思わず写真を撮りたくなるような美しいデザイン。

 

柿本人麻呂が夜空を海、月を舟、そして一面に輝く星を林に見立てて詠んだ歌をモチーフにした洋菓子。

舟型のタルトにはこうばしく焼き上げられた木の実がのせられていて、

タルトの甘みとパリッとした木の実の甘さが絶妙なおいしさを生み出します♪

 

一度は食べてみたい奈良天平庵のお菓子

今回紹介した4つのお菓子以外にも、奈良天平庵はおいしいお菓子をたくさん販売しています。

近くに行った際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポット情報

スポット名 奈良天平庵 小平店
所在地 東京都小平市鈴木町1丁目209-11
営業時間 9:00~19:00
休業日 1月1日(元旦のみ)
TEL 042-312-3336
Webサイト https://www.tenpyoan.com/naratenpyoan/index.html

この記事を書いた人

こだいら観光まちづくり協会さん

コメント

一覧を見る

むはまどさん

5年前からお世話になってます。地方に行く時の手土産はいつも天平庵の「東の京」。「小平名物だ!」などと称しています。

0

加藤勝也さん

いつもお世話になっているお店です。特に生菓子の風情がさすが関西からの出店とあってすばらしいです。コーヒー無料、運が良ければおすすめお菓子のお裾分けももらえますよ!

2