小平市平櫛田中彫刻美術館 観光文化

・平櫛田中の生い立ち                                                                                                         

岡山県井原市の田中家に長男として生まれた田中倬太郎(後に平櫛家の養子として引き取られ、平櫛田中を名乗る)。

倬太郎は漢字が好きで、よく勉強する子でした。

また、手先が器用だったので周りから物づくりを勧められ、当時有名だった人形師の中谷省古の下に弟子入りします。

この事が彫刻家の道を進むきっかけになりました。

この後、様々な人物(岡倉天心など)と関わり、多数の作品を作り上げました。

・美術館でのイベント

心のふるさと井原  9/11(水)~11/17(日)

現在、岡山県井原市の井原市立田中美術館の展示品と小平市の平櫛田中彫刻美術館の展示品の一部を交換した、『心のふるさと井原』という企画展を行っており、(小平で見るなら)今しか見られない展示品がたくさん!

是非、足を運んでみて下さい。

わくわく発見!美術館ウィーク  10/26(土)~11/4(月)

このイベントの開催期間中は、小、中学生の観覧料が無料(同伴の大人は有料)になり、期間中には、お茶会(下記をご覧ください)も開催されます。

秋のお茶会  11/1(金)・2(土)・3(日)

10:00~15:00

日本の伝統的なお茶の飲み方である『茶道』を体験します。

(参加費300円)椅子に座って、お菓子を食べながらお茶を飲みます。

         小平市平櫛田中彫刻美術館へLet’s GO!

スポット情報

スポット名 小平市平櫛田中彫刻美術館

所在地 日本、〒187-0045 東京都小平市学園西町1丁目7−5
営業時間 午前10時〜午後4時
休業日 火曜日(祝日の場合はその翌日)
TEL 042(341)0098
Webサイト

この記事を書いた人

こだいら観光まちづくり協会さん