オススメ!小平の地域の誇りを尋ねる街あるき「誇育ツアー」① 観光カフェとっておき

地元「こだいら」の名所を訪ね歩くことで、「訪れたいまち、住みたいまち。プチ田舎=小平」を実体験していただくプレミアムコースのご紹介です。

 

都立薬用植物園は都民の健康と安全を確保するため、薬用植物、有毒植物、ハーブなどの収集、栽培育成、試験検査などを行っています。

園内には、約1700種類の薬用植物や有用植物が植栽され、季節ごとの彩りに包まれます。

 

中には、東京では唯一のケシの仲間や、薬用ボタン、山野草の可憐な花を見ることができます。

 

薬用植物に関する講演会や観察会などのイベントも定期的に開催されています。

スポット情報

スポット名 都立薬用植物園(西武拝島線東大和市駅南すぐ)
所在地 日本, 東京都小平市 都道144号線
営業時間 午前9時から午後4時/入場無料
休業日 月曜日
TEL 042-341-0344
Webサイト http://www.tokyo-eiken.go.jp/lb_iyaku/plant/

この記事を書いた人

加藤勝也さん

コメント

一覧を見る

こだいら観光まちづくり 協会さん

投稿いただき、ありがとうございます。薬用植物園は本当にいいですよね。みなさんも、行かれたらぜひ、黄色の腕章が目印の花咲案内人に声をかけて解説してもらってください。花咲案内人はお話が上手で、ついつい引き込まれてしまいます。

0